小口のお金借りる場合の金融機関の選び方をアドバイス

arrow

アパートやマンションに入居をする予定のある人や、家電や家具を買い替えたいお金がない人は、20万円前後のお金を借りる必要があります。

買い物はクレジットカードで支払いをする人が多いですが、ショッピング枠を限度額いっぱいに使っている場合は、困った経験がある人がほとんどです。

消費者金融や大手銀行のカードローンでお金を借りたい人は、午前中にインターネットを利用して、申し込みをしておくと、30分程度で結果がわかるので、最短で即日融資が受けられます。

20万円ぐらいの少額の融資でお金借りる場合は、比較的年収の少ない20代の会社員や、アルバイトをしている大学生も利用しやすいです。なるべくお得に利用したい場合は、30日間の無利息期間が利用できる消費者金融がお勧めです。

ボーナスやお給料が入る予定があり、短期間で完済できる場合は、支払う金利もわずかなので、審査から融資までのスピードが速い消費者金融がお勧めです。若い年代の女性や、大学生は年収が低い人が多く、審査に受かるか不安を持たれている人が多いですが、比較的少額の融資の場合は、審査に受かるケースが多いです。

インターネットのWEB上から審査が受けられるので、店頭に足を運ぶ必要がないですし、家族や配偶者、近隣住民などに知られずにお金を借りることができます。

急いでお金を用意したい人は、自動契約機に足を運んでカードを発行してもらうと良いでしょう。カードが発行されると、提携金融機関やコンビニATMから、融資を受けたり、返済ができるので忙しい人に高い人気があります。

仕事を持たれている人は、昼間は金融機関に足を運ぶのが難しいですが、コンビニは24時間営業なので、深夜や早朝でも利用ができます。

交際費や冠婚葬祭費を準備したい人にお勧め

友人や親戚の人の結婚披露宴に出席をする予定のある人は、親しい間柄の場合は、ある程度のご祝儀を包む必要があります。それに、ギフトを購入したり、出席をするためのパーティードレスや靴、バッグなども必要になるので、まとまったお金が必要になります。

20万円ぐらいのお金があると、洋服やファッション小物を購入する資金も捻出できるので、金融機関で融資を受けたい人が増えています。なるべく金利を安く抑えたい人は、大手銀行のカードローンを利用すると便利です。

銀行は審査から融資までのスピードが遅いイメージを持たれている人が多いですが、大手銀行は即日融資に対応している所が多く、一定の審査基準を満たしていると、カードを発行してもらえます。

急いでお金を用意したい場合は、指定の銀行口座にお金を振り込んでもらえるサービスが利用できます。

大切な人の結婚披露宴に出席をする時は、その後の交際を円滑にするために、ある程度の出費は必要です。20代、30代の男女は、交友関係が増えるので、交際費や冠婚葬祭の費用を準備したい人は、銀行のカードローンを利用すると便利です。

お給料やボーナスが入る予定のある人は、20万円前後の債務の場合は、無理なく返済計画を立てやすいです。

現代はカードローンはほとんどの人が利用しているので、抵抗を感じる必要はありません。小口の融資の場合は収入証明書の提出も必要ないので、健康保険証や運転免許証などの身分証明書を準備しておくと良いでしょう。

現代は定職に就いている女性が増えているため、交際費が必要ですが、お祝いごとが重なった時もお金借りることができます。

引越し費用を準備したい人にもお勧め

719406

引越しを予定している人は、不用品を処分したり、敷金や礼金などを準備する必要があるので、まとまったお金が必要になります。お給料日前でお財布がピンチの時は、消費者金融や銀行で20万円ぐらいのお金借りる人が多いです。

短期間で借金を完済できる予定のある人は、審査を受けてから、融資までのスピードが速い消費者金融がお勧めです。

消費者金融は銀行に比べると、金利はやや高めですが、収入が多い月は多めに返済ができますし、利用できるATMの数が多いので、帰宅が遅くなりがちな人に人気があります。

20歳以上の安定した収入がある人は問題なく利用できますし、パートやアルバイトの場合でも、一定の審査基準を満たしている人は融資が受けられます。

カードローンは、在籍確認のための電話を職場に入れる必要がありますが、個人名で掛けてくれるので、職場の人に気付かれずに利用できます。

大学生は両親になるべく、知られずに融資を受けたい人が多いですが、利用明細などはパソコンやスマートフォンで確認ができるので、郵便物は送られてこず、家族に知られる心配はありません

金融機関はプライバシーは厳守してくれるので、安心して利用できます。カードローンは大変利便性が高くなっていますが、返済日にはきちんと支払うのは大人のマナーになっています。

支払いを延滞させてしまうと、遅延延滞金を支払う必要がありますし、信用情報機関にも記録が残ってしまうので、注意をして下さい。

専業主婦は消費者金融で融資を受けるのは難しいですが、配偶者に安定した収入がある場合は、20万円前後の融資を受けることができます。

市役所でお金を借りるには?生活福祉貸付制度とは

資金の借入は銀行や消費者金融に申し込むしかないと考えていませんか?実は、一定の要件さえ満たしていれば市役所の窓口でお金を借りることができ、民間業者よりもはるかに好条件で返済プランをシミュレーションすることができます。

市役所でお金を借りるための制度と具体的な申請方法について詳しくまとめました。

公的機関による資金貸付制度として、「生活福祉資金制度」があります。

病気や怪我などによって長期間失職し、その間の生活保障がまったくない場合に利用できる制度で、当座の暮らしを支えるために必要な生活費が月額単位で貸し付けられるシステムになっています。

公的機関ということで審査基準が厳格であり、審査期間も長くとられていますが、銀行や消費者金融よりもはるかに返済の負担は少なく、貸付制度といいながら実質は生活困窮者のセーフティネットとしての側面が強いことがうかがえます。

また、消費者金融や銀行の融資は安定した収入がなければそもそも申し込むことさえできませんが、生活福祉貸付制度であれば収入がまったくない状態でも申請を行うことができる、という違いがあります。
ただし、原則として生活保護との併用は認められず、すでに生活保護を受給している場合はそちらのほうが優先されることになります。

しかしながら、仮に保護の受給歴があったとしても「生活福祉貸付制度」の申請時点ですでに保護の受給を停止していれば併用とは見なされず、なおかつ、生活保護の受給歴が審査結果に影響することもありません。

公的機関によるセーフティネットとしては生活保護や障害基礎年金などがあり、わざわざ貸付制度をつくらなくてもいいように思えます。

しかし、障害基礎年金は根拠となる障害が認められなければ受給できませんし、生活保護についても受給後は長期間の旅行が制限されるなど、決して無条件で生活資金が援助されるわけではありません。

生活福祉貸付制度にはあえて貸し付けというシステムにすることによって低所得者の自助と自立を促すとともに、申請者側にも制度の利用にあたっての心理的負担を減らしてもらう、というねらいがあります。

ただ、問題はこれらの支援制度の認知度がまだまだ低いことで、申請要件に該当するケースであっても「そもそも制度を知らないから使えない」という人が非常に多く、制度そのものの周知徹底と拡充が今後の課題であると言えます。

制度については市役所の窓口やウェブサイトなどで詳しく説明されていますので、いざという時のためにチェックしておきましょう。

銀行でお金を借りる方法について知っておく

銀行系カードローンは金利が低く、限度額も高めに設定されているため、利用したいと考える方は多くいます。しかし初めて利用する場合に、銀行でお金を借りる方法がわからず困ってしまうという人もいるのではないでしょうか。

お金を借りる時、急いで用意する必要があるという場面もありますから、そういった時に借りる方法が分からないと無駄な手間を取ってしまいます。

また、必要な書類などもわかっていないとスムーズな手続きができませんから、いざという時お金を借りやすくするためにも、借りる方法について知っておいた方が良いでしょう。

銀行ローンには

  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン

など、いくつか種類があります。

銀行ローンというと事業主や企業が融資を受ける時に使うもの、というイメージを持つ人が多いですが実際には個人で借りる事も可能です。

借りたお金の使い道がはっきりしている場合はこれらの目的別ローンから選んで利用しますが、もし使用する目的をしっかりと決めていない場合はフリーローンとしてローンを組むことになります。

フリーローンの場合は使用目的を限定しなくても良いので、自分が使いたいと思える目的に使う事ができるため、消費者金融系のローンと似たような感覚で使う事が可能です。

また、銀行の場合は限度額が決まればそこから減らされる事がないので、限度額内ならば何度でも使う事ができて重宝します。

そして銀行からお金を借りる人の中には、家族にローンを組んでいる事を知られたくないという人もいるのではないでしょうか。

そういった時に便利なのがインターネット申し込みで、近年では郵便物を自宅に届かないよう設定できる銀行も増えてきています。

インターネットならばいつでもどこでも申し込みが可能ですから、知られたくない人の目が届かない場所で申し込みができるので安心です。ただ、在籍確認の電話は必須となっていますので、在籍確認の電話がくる時間にはかならず勤め先にいるようにしましょう。

もしこの電話に出ない場合は自宅まで電話がきてしまうため十分に注意しなくてはいけません。ローンカードの受取先も、自宅に設定してしまうとバレやすいので注意が必要です。

申し込みをした後には審査があり、その際に必要となる書類として源泉徴収票や所得証明書、本人確認ができる書類が必要となります。

本人確認のできる書類として認められるのは運転免許証や保険証、パスポートといったすぐに用意できる物も多いため、申し込みをした後に所得証明書などを用意し、免許証などはすぐに取り出せるようにしておくと良いでしょう。

また、保証人も必要となりますので保証人を引き受けてくれる人を見つけておく事も重要になります。